TE-400

④カシオレジスターツールについて:売上データの閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
④売上データの閲覧

カシオレジスターツールについて:「売上データの閲覧」

対応機種:TE-400/TE-2700/TK-400

カシオレジスターではパソコン側で設定や売上管理が出来るツールが無料でメーカーHPよりダウンロードが行えます。
このツールの内容を詳しく説明いたします。

内容が多いので、複数ページにて説明を致します。

  1.  レジスターツールの概要
  2.  売上データの管理とレジスターの設定データ
  3.  レジスターツールの画面構成
  4.  売上データの閲覧
  5.  レジスターの設定
  6.  電子店名スタンプの作成
  7.  レジスターの予約変更の設定

 

4. 売上データの閲覧

売上データの閲覧内容を説明致します。

 

4-1 売上データの閲覧の概要

 

(1) 売上閲覧の概要

・レジスターで精算した売上レポートや電子ジャーナルのデータをSDカードから本ツールに取込みます。
・本ツール内に取込んだデータを、日報や月報で閲覧することができます。
・本ツール内に取込んだデータを、Windowsのファイルとして書出して保存できます。

売上閲覧の概要

 

(2) 対象とするレジスターの売上データ

レジスターツールで対象とする売上データは、精算時のデータです。
・売上明細(日計)
・取引キー
・部門
・担当者
・PLU(商品)
・グループ
・時間帯別
・電子ジャーナル

期間集計1と2や月間日別と、点検時の全データは、本ツールの対象となりません。

 

4-2 売上日報と月報の閲覧

 

(1) 精算レポートデータの取込み

レジスターで精算した精算レポートデータをSDカードから取込みます。

精算レポートデータの取込み

「売上日報を閲覧する」、「売上月報を閲覧する」の画面の左側にある「SDカードからデータを取込む」のボタンを押すと、以下の画面が表示されます。

 

売上データの取り込み

ドライブ文字にSDカードのドライブを選択して、取込みをするデータにチェックを付けてOKを押すと、SDカードから本ツール内にデータを取込みます。
レジスターで精算したデータが存在しない場合は、チェックを入れても取込まれません。
同一日に、複数回数の取り込みを行う場合は、古い順番に取込んでください。

読込んだデータファイルは、バックアップフォルダーへ移動されます。
但し、ファイル名称が、本ツールに取込んだ名称と同一になり、下4桁に連番の数字がついたファイル名となります。
(複数回数の精算を行い、本ツールに取込んだ場合に、同一名称のファイルが存在する可能性があるため、名称の変更を行います。)

 

【 読み取り元フォルダ 】

X : \ CASIO \ TE400 \ XZ \ ~
TE400 の部分は、TE-2700とTK-400の場合は、「TE2700TK400」となります。

【 バックアップ先フォルダ 】

X : \ CASIO \ TE400 \ XZ_BKUP \ ~
X ・・・ SDカードのドライブ
TE400 の部分は、TE-2700とTK-400の場合は、「TE2700 TK400」となります。

【 取込みログを以下に出力 】

C: \ Users \ Public \ Documents \ CASIO \ ECRCV16 \ EcrDatas
(標準インストールの場合)
~\ Snnn \ Mnnn

nnnは、複数のレジスターを管理する場合の番号。001から999まで作成可能です。
~ \ XZ \ ImportZFile.log

1Kbyteを超えた場合は、既存の「ImportZFile.log」ファイルを「ImportZFile.log.01」として移動して、「ImportZFile.log」を新規に作成して出力します。
また、既に「ImportZFile.log.01」が存在した場合は、「ImportZFile.log.02」と移動します。
「ImportZFile.log.nn」(nは1桁の数字) は最大03まで移動して、それ以上はファイル削除します。(計4世代まで)

 

(2) 売上日報と売上月報の閲覧

精算レポートを取込むと以下のように画面に表示して閲覧できます。閲覧できる内容は、レジスターで精算した時のデータとなります。

 

【 売上日報画面 】

右側のカレンダーで見たい日を選択することによって、選択した日のデータが表示されます。

売上日報画面

 

【 売上月報画面 】

右側のコンボボックスで見たい月を選択することによって、選択した月のデータが表示されます。

売上月報画面

データが存在しない場合は、以下の画面のように、「データがありません。」と表示されます。

データがありません

売上日報、売上月報ともに、上記画面の①のタブのボタンを押すことによって見るデータを切り替えることができます。

 

(3) 売上日報と売上月報のデータの書出し

ツール内のデータを、Windows上のファイルに書き出して保存することができます。
「売上日報を閲覧する」の「このデータを書出す」ボタンを押した場合は、表示中の日のデータを書出します。
「売上月報を閲覧する」の「このデータを書出す」ボタンを押した場合は、表示中の月のデータを書出します。
「売上日報を閲覧する」の「期間を指定して書出す」ボタンを押した場合は、「期間を指定して書き出す」の画面が表示されます。

売上日報と売上月報のデータの書出し

開始日時」と「終了日時」を指定して「OK」ボタンを押してください。その間のデータが出力して保存されます。
指定できる期間は、1年以内(366日以内)です。

「出力ファイル内容」は、「指定した期間の売上データを合計して書き出す」と「指定した期間の売上データファイルをそのままに順番につなげて、1つのファイルへ結合して書き出す」どちらかを選べます。

「指定した期間の売上データを合計して書き出す」は、指定した期間のデータの合計値を計算した結果を1つのデータにまとめて、1つのファイルへ書出します。

「指定した期間の売上データファイルをそのままに順番につなげて、1つのファイルへ結合して書き出す」は、指定した期間に精算した結果のファイルを、そのまま順番につなげて1つのファイルに書き出します。このファイルは、複数の精算した結果のファイルが単純につながっているので、ご自分でデータを加工して使用する場合などに利用します。上級者向けです。

 

4-3 電子ジャーナルの閲覧

 

(1) 電子ジャーナルデータの取込み

レジスターで精算した電子ジャーナルデータをSDカードから取込みます。

電子ジャーナルデータの取込み

「電子ジャーナルを閲覧する」の画面の左側にある「SDカードからデータを取込む」のボタンを押すと、以下の画面が表示されます。

ドライブ選択

ドライブ文字にSDカードのドライブを選択してOKを押すと、SDカードから本ツール内にデータを取込みます。

読込んだデータファイルは、バックアップフォルダーへ移動されます。
但し、ファイル名称が、本ツールに取込んだ名称と同一になり、下4桁に連番の数字がついたファイル名となります。
(複数回数の精算を行い、本ツールに取込んだ場合に、同一名称のファイルが存在する可能性があるため、名称の変更を行います。)

 

【 読み取り元フォルダ 】

X : \ CASIO \ TE400 \ XZ \ ~
TE400 の部分は、TE-2700とTK-400の場合は、「TE2700 TK400」となります。

 

【 バックアップ先フォルダ 】

X : \ CASIO \ TE400 \ XZ_BKUP \ ~
X ・・・ SDカードのドライブ
TE400 の部分は、TE-2700とTK-400の場合は、「TE2700 TK400」となります。

 

また、同一日内に複数回数のデータを取込む場合は、古い順序で取込んでください。
複数回数取込むと??

同一日内に複数回数のデータを取込む場合

上記の①のように、取込んだ順番の4桁の番号が割り振られてコンボボックスに表示されます。
コンボボックスを変更すると、取込んだ番号の電子ジャーナルが表示されます。

取込みログを以下に出力します。

C: \ Users \ Public \ Documents \ CASIO \ ECRCV16 \ EcrDatas
(標準インストールの場合)
~\ Snnn \ Mnnn
nnnは、複数のレジスターを管理する場合の番号。001から999まで作成可能です。
~ \ XZ \ ImportEJFile.log

1Kbyteを超えた場合は、既存の「ImportEJFile.log」ファイルを「ImportEJFile.log.01」として移動して、「ImportEJFile.log」を新規に作成して出力します。
また、既に「ImportEJFile.log.01」が存在した場合は、「ImportEJFile.log.02」と移動します。
「ImportEJFile.log.nn」(nは1桁の数字) は最大03まで移動して、それ以上はファイル削除します。(計4世代まで)

 

(2) 電子ジャーナルの閲覧

電子ジャーナルを取込むと以下のように画面に表示して閲覧できます。
右側のカレンダーで見たい日を選択することによって、選択した日のデータが表示されます。

電子ジャーナルの閲覧

データが存在しない場合は、データの表示が空白となります。

 

(3) 電子ジャーナルのデータの書出し

本ツール内のデータを、Windows上のファイルに書き出して保存することができます。
「このデータを書出す」ボタンを押した場合は、表示中のデータを書出します。

「期間を指定して書出す」ボタンを押した場合は、「期間を指定して書き出す」の画面が表示されます。

電子ジャーナルのデータの書出し

「開始日時」と「終了日時」を指定して「OK」ボタンを押してください。
その間のデータが出力して保存されます。
指定できる期間は、1年以内(366日以内)です。

指定した範囲内の電子ジャーナルを順番に1つのファイルに結合して書出します。
同一日内に複数のデータが存在する場合は、取込んだ順番で書出します。

 

 

以上で、4.売上データの閲覧が終了となります。

 

他の項目については下記よりお願いを致します。

  1.  レジスターツールの概要
  2.  売上データの管理とレジスターの設定データ
  3.  レジスターツールの画面構成
  4.  売上データの閲覧
  5.  レジスターの設定
  6.  電子店名スタンプの作成
  7.  レジスターの予約変更の設定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カシオレジスターTK-400を購入

マサキストアではお得なセット販売もありますよ!!

【セット販売内容】

・ロール紙10巻
・オリジナル説明書
・店名・領収書ロゴ
・キーシート作成ツール

TK-400のご注文はこちら

人気のある記事

最近の投稿

マサキストアオンラインショップ