XE-A207

シャープレジスターロール紙の交換

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シャープレジスターロール紙交換方法

【 該当機種 】

  • XE-A207
  • XE-A307
  • XE-A407
  • ER-A411
  • XE-A417
  • ER-A421

※ロール紙の規格は紙幅58mm×直径80mm×内芯径12mmの商品となります。
こちらでご購入頂けます。

 

ロール紙の交換の仕方

ロール紙の赤い部分が出てきたときは、ロール紙が残り少なくなっています。
お早めに新しいロール紙に交換してください。

プリンターにロール紙が取り付けられていなかったり、紙切れになったときは??
表示部に「ロール紙がありませんロール紙をセットして[クリア]を押してください」とエラー表示されて使用できなくなります。
そのような場合は、ロール紙を取り付けてから、を押してエラー解除してください。
(プリンターエラー記号“= = = = = = = = = = = = ”が印字されます。)

 

プリンターカバーを取り外します。

プリンターカバーを取り外し

 

プリンターアームを持ち上げます。

図で示すように指をかけて持ち上げ、自然に止まるまでプリンターアームを開けます。
※アーム解除レバーがある機種は解除レバーを先に外して下さい。

プリンターアームを上げる

 

紙の方向に注意して、ロール紙をロール収納部に落とし込みます。

残っているロール紙を取り除いた後に、新しいロール紙を入れます。

ロール紙投入

ロール紙入れ方

※ロール紙収納部にロール紙をおさめる際、テープ(または糊)の接着していた部分は切り捨ててください。

 

ロール紙を押さえながらプリンターアームを図の位置まで手でしっかりと押し下げます。

カチッと音がするまで、プリンターアームを確実に閉じます。
プリンターアームが確実に閉じていないと、正常に印字されないことがあります。
そのような場合は、もう1度プリンターアームを閉めなおしてください。

ロール紙交換プリンターアーム

 

紙を余分に送り出して切る

「↑レシート」ボタンを押して、紙を余分に送り出し、右図のように余分な紙を切り取ります。
※オートカット搭載の機械は自動的に紙が切れます。

レシート交換紙を切る

プリンターカバーをしたら終了となります。
両替を何度か押してきちんと印字が行えるかチェックして下さい。

 

営業記録側の取り付け

ロール紙交換と同じ流れとなりますが、営業記録(ジャーナル)側は巻取軸が必要となります。
巻取軸のつけ方をご説明いたします。

 

巻取軸に巻く準備

「↑記録紙」ボタンを押して、必要な長さ(およそ20cm)を送り出します。

 

巻取軸のロール紙を付ける

巻取軸のロール紙保持ガイドを取り外し(①)、
巻取軸のスリットにロール紙を奥まできっちりと差し込み(②)、
ロール紙をまっすぐに折り返して2~3回巻き付けます(③)。

記録紙保持ガイド

 

巻取軸を付ける

ロール紙保持ガイドを「カチッ」と音がするまで取り付け(④)、
プリンターアームがロックされていることを確認し、巻取軸を軸受けに取り付けます(⑤)。

巻取軸を付ける

 

ロール紙のたるみを取る

巻取軸をまわし、ロール紙を巻き取り、ロール紙のたるみをなくし、プリンターカバーを取り付けます。

 

営業記録紙を外す

既にロール紙を巻きつけて、営業記録がある場合には、下記にて取り外します。

「↑記録紙」ボタンを押して営業記録紙を数行送ってから、巻取軸を持ちながら、はさみなどでロール紙を切り離します。
巻取軸からロール紙保持ガイドを取り外し、営業記録紙を外します。

記録紙取り外し

巻取軸からロール紙を外す

※を押さずに、ロール紙を無理に引っ張らないでください。
プリンターヘッドが損傷する原因となります。

 

レシートの切り方について

オートカット搭載の機械は自動的に切れます。
ロール紙をレシートとして使用する場合、レシートは次のとおり正しく切ってください。

ロール紙の切り方

※ロール紙を無理に引っ張ると、きれいに切れないだけではなく、紙づまりの原因になりますので、ご注意ください。

 

プリンターのお手入れのしかた

印字文字がかすれたり、黒ずんだりするときは、ほこりなどがプリンターヘッドに付着している可能性があります。
このようなときは、乾いた柔らかい布でプリンターヘッドを軽く拭いてください。
同時にローラーとセンサーも軽く拭いてください。
付着したほこりが簡単にとれないときなど、必要に応じてアルコールを含ませた綿棒や柔らかい布などで軽く拭いてください。

・ 作動中または作動終了直後は、プリンターヘッドおよびその周辺とモーター表面は高温になっていますので、お手入れはプリンターヘッドが十分に冷えてからおこなってください。
・ プリンターヘッドに直接手で触れたり、工具やその他の固いものなどを近づけないでください。
・ プリンターヘッドが損傷する原因となります。

 

電源プラグをコンセントから抜きます。

レジスタに乾電池が入っていない状態や、乾電池の容量がない状態で電源プラグをコンセントから抜くと、登録した内容が消えてしまいます。

 

プリンターカバーを取り外します。

プリンターカバーを取り外し

 

プリンターアームを持ち上げます。

図で示すように指をかけて持ち上げ、自然に止まるまでプリンターアームを開けます。

営業記録紙側が紙づまりを起こしたときは、先に巻取軸側のロール紙を、はさみなどで切り離して、巻取軸を取り外してからプリンターアームを引き上げます。

プリンターアームを上げる

 

ロール紙を取り外します。

 

掃除をします。

プリンターヘッド、ローラー、センサーを柔らかい布や綿棒などで軽く拭きます。

プリンター清掃

 

以上でシャープレジスターロール紙交換の内容となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人気のある記事

最近の投稿

マサキストアオンラインショップ